建築学生の建築旅行記.  一人でも多くの人に建築を身近に感じてもらえれば... 旅行の参考にもぜひ!


by dimensions11

カテゴリ:未分類( 3 )

0820.Berlin-2

Berliner-Dome
b0040345_135506.jpg
b0040345_1362090.jpg
b0040345_1373978.jpg
ホーエンツォレルン王家の墓所がある、高さ114mの大天蓋を持つ20c初頭に建設された大聖堂.

The Nethrlands Embassy in Berlin
b0040345_1375123.jpg
b0040345_138031.jpg
b0040345_138923.jpg
b0040345_1381662.jpg
Rem Koolhaas設計(2001年).OMA&AMO率いる世界一の建築家.そしてMVRDVやザハ・ハディッド等、数々のスターも輩出している.
銀色のキューブから、スロープが飛び出し、階段部分が切り取られたようにガラスが張られている.スロープの床の緑が影になって落ちているのもカッコイイ.
当然中に入ることは出来ないんだけれど、おそらく一連の動線がスパイラルのように周囲を囲んでいて、それが一連のシークエンスとして楽しめるようになっているのだろうか.
ところで、最近キューブからキャンチで飛び出す建築って流行ってますね.
この建築の正面は川が流れているんですけど、遠景で見るためには川の反対側に行かなくてはいけません.写真を撮る時に、建築を見るポイントって重要だなと思うです.どこからその建築を見ると一番綺麗なのか.もしかしたら設計に全然関係ないかもしれないけれど、すごくカッコイイファサードでも、それを見る場所が無いと意味が無いし...


ギョロロ
b0040345_1382939.jpg
The Nethrlands Embassy in Berlin近く.川の監視人.

AEG Turbine Factory
b0040345_138403.jpg
b0040345_1385818.jpg
b0040345_139934.jpg
ペーター・ベーレンス設計(1910年).
1908年にA.E.G(ドイツの総合電気会社)の芸術顧問になって以来、電気の傘や店舗ファサード、ポスター、工場までをデザインする.初めて工場にデザインを持ち込んだ最初の作品としてこのタービン工場は有名.そして、現在でもこの工場は使われているのが驚き.この頃からデザイナーと資本主義の関係が始まっているわけです.
内部は工場という機能のためにワンルームになっている.そして、その屋根を支えるためにトラスが組まれているんだけれど、そのトラスの形がそのままファサードの屋根のカクカクとなって表れている.
そして、トラスを支える柱は壁と独立していて、壁は上に行くほど倒れているように造られている.これは、構造体である柱と非構造体の壁を完全に異なるものとして表現している.
そういったデザインがこの古典主義的な美を表現している.工場という近代の工業化社会の象徴を古典という様式で表現しているわけだけれど、ユートピアへの憧れを私は感じる.
産業化の中での機械への期待ですね.


Peek&Cloppenburg Building
b0040345_1412117.jpg
b0040345_1413051.jpg
Gottfried Bohm設計(1995).
ベルリンの中心地、Zoo駅から伸びるTauentzienstrasseにあるデパート.コンクリートフレームからガラスがカーテンのように波打っているファサードが特徴的.


Sony center
b0040345_1415957.jpg
昨日行ったポツダム広場のSony centerはベルリンにおいてランドマーク的な存在かもしれない.数日のベルリン滞在の中で、意外と色んなところから見える.S-Bahnに乗っているとベルリンの中心部に富士山のように白いテント屋根が見える.


DG Bank
b0040345_1424390.jpg
b0040345_143650.jpg
F.OGery設計(1999年).
プラハでも彼の建築を紹介したが、世界中で異色の建築を造り続ける建築家.彼の建築は図面に起こすのが難しい.確か、模型を作ってから、模型の3次元座標を読み取って図面化していくということを聞いた事がある.まさに、ITの申し子.そして彼の造形力!!
建築という既成概念を打ち砕いてくれる.しかし、いつも『だから何?』という疑問が残るのも事実.
世界中で数々の建築を成功させてきている彼にまつわる話(彼自身も話をしないのだが)が無いのも、周囲が彼の理解に苦しんでいるからなのだろうか.言うなれば現代のガウディといったところか.


Gallery Lafayette
b0040345_1432613.jpg
b0040345_1435184.jpg
b0040345_1435839.jpg
Jean Nouvel設計(1996年).
またまたJ.Nouvelの建築.彼の建築もプラハで紹介済み.ずっと見たいと思っていた建築.
ラ・ファイエットは言わずと知れたフランスの有名百貨店.そのベルリン店のコンペを見事勝ち取ったのがジャン.ヌーベル.
ここでは、プランの中央部を1階から屋上へ直径26mの円錐形のアトリウム、1階から地下4階までは逆円錐形の吹き抜けが貫いている.そして、円錐形に張られたホログラフィ・フィルムが光を反射し様々な色を演出している.それはまるで万華鏡の中に入ったような不思議な空間を作り出している.


205地区ビル
b0040345_144154.jpg
b0040345_1442411.jpg
地下でラ・ファイエットと接続され、その吹き抜けのエントランスにあるアート.
アップで見ると凄く綺麗☆


GSW Administrative Headquarters
b0040345_1445846.jpg
Sauerbruch&Hutton設計(1999).
OMAやEisenmanの集合住宅の近く.チェックポイントチャーリーからわずかのところにあるカラフルなファサードを持つオフィスビル.
湾曲した西側ファサードのガラス壁面は1mの空気層を持つ2重壁.その空気層に赤・ピンク・黄・ベージュ等の暖色系のカラフルなブラインドが装着されている.各オフィスごとに稼動するブラインドの向きによって絶えずファサードの表情は変化する.
西日を受けたブラインドはかなり美しい.


Checkpoint Charry
b0040345_1444274.jpg
b0040345_1445098.jpg
かつて、東西が分断されていた時、東と西を繋ぐ関門があった場所.チェックポイント・チャーリーにまつわる話は数々ある.横には、ベルリンの壁の博物館がある.
ベルリンでの感想だけれど、ナチスとホロコーストとベルリンの壁は別.ホロコーストに関する博物館あり、ユダヤに関する博物館あり、壁に関する博物館あり.
ただ、私は悪魔の子ヒットラーがなぜ生まれたのか、なぜユダヤを憎んだのか、そういったことを知らない.そしてユダヤのことも詳しく知らない.ただ、事実としてのユダヤ大量虐殺をしっているに過ぎない.だから、要するに何も分からないのだ.
ということで、帰国後ヒットラーについての興味が膨らみ(旅行前から興味があったんだけれど)、現在少々勉強中です.
この話はまた別の機会に.


b0040345_1451196.jpg
この日の晩は先輩の語学学校の友達(前日とは違う人たち)と公園でバーベキュー☆いやいや、暗闇の中でのバーベキューは肉が焦げてるのもわからない.先輩のタフさに驚きます.数人の日本人もいて、彼らと話していたんだけど、みんな色んな理由でベルリンに来ていて話を聞くだけでも面白かった.(一人の可愛い女の子(といっても30近くてビックリ)は会社を辞め、彼氏探し!)
[PR]
by dimensions11 | 2004-08-20 01:19
ツアーの人たち、家族と別れて、今日から再び一人旅.ツアーもツアーで、食事やら、一人なら行かないところやら、なかなか楽しかった.
今日からの予定は、Brno→Berlin→Amsterdam→Rotterdam.
BrnoはMies van der RoheのVilla Tugendhat.
このためだけにわざわざブダペストからベルリンへ行く途中に寄り道.
ブダペスト西駅からスロヴァキア経由でブルノー.
スロヴァキアで途中下車も考えたが、ブダペストですら英語が殆ど通じないことを考えると、ガイドブックもスロヴァキアについての知識も無く歩き回るのはと思い諦める.
帰国後調べてみると、スロヴァキアも若者には英語は通じるし、観光スポットも多く、自分のスロヴァキアに対するイメージは殆ど誤っていたことがわかった.
チェコと共に、スロヴァキアにももう一度行きたいと思う.

驚いたことは、ブダペストからベルリンまで電車一本で行けるということ.明日は、ブルノーからベルリンまでまたこの電車に乗るのだ.
ブルノーへ行く車内で、中国人の女の子と向かい合わせになったんだけれど、もちろん私は彼女が中国人だということを顔でわかるし、彼女も私が日本人であることをわかっていたと思う.だからお互いに会話をすることもなかった.けれども、周りの人たちは、同じような顔のアジア人が二人向かい合わせで何も会話の無い光景に疑問を持ったりしないのだろうか.と、そんなことを考えていたら、彼女は降りるときに私に微笑みながら会釈をしてくれた.チェコ語の勉強を車内でしていた彼女はおそらく留学生だろうか.
日本から遠い国の電車の中で、日本人として、隣国の韓国や中国のことを全く知らない自分が少し恥ずかしかった.大学で中国語を選択していたにも関わらず全く話せない.
中国人の彼女と英語ででもなにか話をしておくべきだった.今更ながらそう後悔している.
b0040345_1735599.jpg
b0040345_1736429.jpg



STUROVO
b0040345_17365019.jpg
ハンガリーとスロヴァキアの国境付近のスロヴァキア側の駅.検札官が来てパスポートにスタンプを押してくれます.


???
b0040345_17365574.jpg
ブルノーまで沢山の駅を通過してきたけれど、どの街にもこのオブジェが建っています.まるで何かの宗教建築のように.
だれか、これの正体を知っている人がいたら教えてください.


社会主義を連想するのは私だけでしょうか...
b0040345_1737018.jpg

[PR]
by dimensions11 | 2004-08-17 18:07

いざ!未知なる土地へ
b0040345_3162878.jpg
家族とのツアー旅行も含めて、約20日間の放浪のたびに出発.
チェコ・オーストリア・ハンガリー・ドイツ・オランダの計5カ国を廻る.
少なからず、不安はあるものの、初めて行く土地での様々な出来事に想いを馳せて.
と、しかしまずは開港10周年を迎えるイタリアの建築家レンゾ・ピアノ設計の関西国際空港旅客ターミナル!当然、95年度の建築学会賞.ピアノはその後、国内では銀座のメゾン・エルメスを手がける.こっちの建築の方が私は好きかな.
やっと見る事が出来た!といっても、フライトまでのわずかな時間しかなかったけれど.
この時期は、空港内は乗客で溢れ返っており、警備も厳しく、ゆっくり写真を撮りながら見てまわる事が難しい.
内部の架構は美しかったのだけれど、これから私を待っているだろう世界に想いを馳せている私にはさすがに歯が立たなかった.
施工以来、沈下し続ける関西国際空港.今後どうなっていくのだろうか・・・.
10:30発オランダ・KLMにて.

シベリア上空にて
b0040345_3502749.jpg
私は飛行機に限らず、乗り物に乗る時は必ず窓側と決めている.長時間乗る飛行機では、通路側が好まれるが、唯一空から地上を眺められる(しかも、通過する国は数知れず)飛行機で窓側に座らないのは、はっきりいって馬鹿であると思う.そして、フライト中寝ること無く窓からの景色を満喫した.
写真は、おそらくシベリア上空で、南北に流れる数多の川の1つを写した.狭い日本では感じることの出来ない、大地のスケールのでかさに驚嘆し続けた.


畑のコンポジション
b0040345_3524146.jpg
オランダといえば、モンドリアンやリートフェルトなど構成主義の国である。畑もなにやらコンポジションに見えてくるのはなんとも不思議である。
見えるだろうか、畑の間に並ぶ、いわゆる線状村.日本だけの農村形態ではなかったのだ.

街の境界・街の形
b0040345_3583612.jpg
こういった、街の境界をはっきりと視認できるのもヨーロッパの街の特徴ではないだろうか.境界があるということは形があるということと同義である。
日本の都市にしろ街にしろ、境界といったものはおそらく存在しない.従って、私は東京という都市の形を知らない.東京23区という領域は、ただの行政上の境界に過ぎない.どこまでが東京なのだろうか・・・.

Amsterdam Airport Schiphol made of Lego-block
b0040345_48924.jpg


Moving Walkways
b0040345_4133746.jpg
結局、空港の計画で重要なことは、動線が長くなりすぎないことだろう.しかし、動く歩道という技術がそんな問題をあっさりと解決してしまうのだ.

なんだかんだでプラハ・ルズィニエル空港です!
17:45着。
空港で、チェコはユーロが未だ使えないことを知る.円とユーロしか財布には無く、仕方ないので円をコルナ(kc)に換金する.
そして、急いでホテルの予約.ゆっくり休みたかったのでInformationで安いホテルを探してもらう。ちなみに、ホテルの料金表の中で一番安いホテルだった。もち、☆1つ.2泊で8000円くらいだったかな.トイレ・シャワーは共有.
空港からバスで地下鉄の駅まで向かい、地下鉄でホテルのある場所まで行くのだけれど、バスの乗り方が分からず、乗客がどこで切符を買うのかを3服ぐらいしながら観察.

ホテル内部
b0040345_13444820.jpg
ホテルには19時頃に到着しただろうか.まだ、外は明るいのだけれど、街を歩く体力はなく、ベットに倒れこむ.日本との時差は8時間.普段明け方5時に寝ていた私は、つまり、現地時間の21時に寝ていることになる.要するに、今更時差ぼけなど無く、日本よりもヨーロッパ時間の方が身体に合っているのかもしれない.
10日の夜には、家族が入っているツアーが到着する.ツアーで廻るところは除いて、明日から、街を歩き回ろう.かなりわくわくしている.
しかし!私には今やらなければならないことがある!そう、スチュアートの建築史特論のレポートである.1つ建築を取り上げ、建築論について述べるというもの.ちなみに私は、新宿のNTT DOCOMOタワーを挙げ、9.11を絡めながら、近代以降の超高層ビルの在り方について語った.
写真は朝に撮ったもの.明るいのは朝陽のためです.あしからず.

[PR]
by dimensions11 | 2004-08-08 03:17