建築学生の建築旅行記.  一人でも多くの人に建築を身近に感じてもらえれば... 旅行の参考にもぜひ!


by dimensions11

カテゴリ:Nederlands( 1 )

0822.Amsterdam-1

b0040345_1332134.gif

Byzantium
b0040345_22294341.jpg
Rem Koolhaas設計(1991)
ヴァン・ゴッホ美術館近くに位置する.建築雑誌やら、彼の作品集には全く紹介されていない作品.
最上階の張り出した円盤が特徴的.建築家が全ての作品をメディアに発表するのかといえばそれは否であり、安藤忠雄にしろかなり選別をしていて、ありえないプランニングの建築も多々あるのだ.このコールハースの作品が失敗作というわけではないのだけれど、やはり建築家が自身の設計した建築を作品というのであれば、少なくとも説明をするというのは責任ではないだろうか.

Van Gogh Museum
b0040345_2230280.jpg


Van Gogh Museum Annex
b0040345_22294872.jpg
Kisyo Kurokawa設計(1999)
海外に行って一番見かける日本人建築家は黒川紀章だろうか...既に閉館時間だったが故に内部に入ることは出来ませんでした.ま~特に書くことはありません.
黒川紀章って一般的には有名なんでしょうか?
日本で有名な建築家はおそらく、安藤忠雄>丹下健三>磯崎新>黒川紀章>菊竹清訓>伊東豊雄といった感じなんでしょうか...そういえば、最近丹下健三と清家清という偉大な建築家が立て続けに亡くなりました.日本、そして第三帝国において国家権力の象徴といった建築を造り続けてきた丹下先生が亡くなった事は、ある時代の終焉を示しているのでしょうか.僕にとっては清家先生が亡くなられたことのほうが事件なんですが.しかし、既に彼の建築や論文を過去雄作品として受け止めてきた僕にとってはあまり関係ないのかもしれません.


Chess Game
b0040345_22303559.jpg
街のちょっとした広場で繰り広げられるチェス大会.たまにこういう光景を見かけるんですけど、非常に個人的な娯楽が街を巻き込んでいる光景は非常に楽しい.こうして街は作られているんでしょうね.さて、どちらが有利なんでしょうか...


Anne Frank House
b0040345_2231101.jpg
世界中の人に読まれているアンネフランクの日記.彼女がナチスから隠れてひっそりと暮した家が保存され公開されている.写真の建築は、その隣に増築された部分.


Gay & Lesbian Information
b0040345_22313481.jpg
街中に普通に立っているインフォメーション.やっぱり自由の国ですね.


////|
b0040345_22313974.jpg
b0040345_22304244.jpg
アムステルダムに到着して数時間、なにやら違和感?眩暈を感じていたんだけれど、「はっ」と気がついたときには目が点になりました.写真を見て分かるとおり建物がみんな綺麗に傾いてます.各家の上から飛び出ている鉄骨はおそらく舟を吊り下げる為のもので、舟を吊り下げるために家が傾いているのではないかと...
でも、一軒一軒が微妙な間隔を空けて立っている日本の街並みよりも、こういった家々がもたれかかっている街並みは、なにやら人の温かみも感じてしまいます.


b0040345_22314421.jpg
夜の街に浮かぶ怪しげな家.決してコーヒーショップではないです.おそらくギャラリーか住宅.人気がないにもかかわらず、なんかパーティーな気分.
[PR]
by dimensions11 | 2004-08-22 22:33 | Nederlands