建築学生の建築旅行記.  一人でも多くの人に建築を身近に感じてもらえれば... 旅行の参考にもぜひ!


by dimensions11

カテゴリ:Hungary( 3 )

0816.Budapest-2

Szt.Istvan Bazilika
b0040345_1433047.jpg
b0040345_1435482.jpg
b0040345_1434135.jpg
ペスト地区、エルジェーベト広場.ブダペスト最大の聖堂.1851年に着工が始まり1906年に完成.ドームは高さ96m、直径22m.
イシュトヴァーンは初代ハンガリー国王の名.キリスト教を積極的に受け入れ、死後聖人となる.国王の右手は、聖遺体としてミイラ化され保存・展示されている.


Matyas Templom

b0040345_1461327.jpg

b0040345_1442441.jpg
b0040345_1452792.jpg
1255~69年にベーラ4世によってゴシック様式の教会が建てられたものをマチャーシュ王が1470年に再建したことからマーチャーシュ教会と名づけられた.当時は尖塔の高さが88mと現在より8m高かったとされる.
歴代王の戴冠式が行われていたため『戴冠教会』とも呼ばれるが、正式名称は『聖処女マリアの教会』という.
1541年にブダがオスマン朝に占領されると教会は真っ先にモスクに改修された.内装のフレスコ画は白く塗り重ねられ、調度品は搬出された.
その後、1686年にオスマン朝が撤退するとすぐに教会に復帰した.その後18世紀にはバロック様式に改修され、その後何度も修復されている.
1874年~96年にかけて、シュレック・フリジェシュが古い図面や絵等を調べて、今日の姿であるゴシック様式を基本にした改築を行った.
歴史的には、1862年、オーストリアとハンガリーの間に和解が成立し、オーストリア・ハンガリー二重帝国が誕生した。そして、オーストリア皇帝フランツヨーゼフはハンガリーキリスト教君主、エリザベートはハンガリー王妃としてブダペストにあるマーチャーシュ教会で戴冠式が行われた。エリザベートは心の底からハンガリーとその民を愛し、ハンガリーの政治家や詩人や学者達と交流した。今でも、ハンガリーの人にとってエリザベートは聖女として愛されている.
教会の屋根の模様はWienのシュテファン大聖堂同様のマジャール模様.
さらに、内装のフレスコ画もトルコの影響を受け、西欧の教会とは全く異なる空間を創っている.


Halaszbastya
b0040345_145518.jpg
マーチャーシュ教会の裏.ドナウ川を見下ろす古い城砦を土台にして1905年にマーチャーシュ教会と同じくシュレックの設計で完成.かつて、この付近に魚の市が立っていたことや、城砦をドナウの漁業組合が守っていたところからこの名がついたといわれる.


ハンガリー民族衣装
b0040345_1473693.jpg



Vasarcsarnok
b0040345_149727.jpg
ハンガリーのあらゆる食材が集まる.市内最大の市場.
1階は青果と精肉、チーズ、パン、名産品のパプリカなど.
2階は軽食ができる屋台や民芸品屋.おみやげもここで買うのが安い.
地下はスーパーマーケットや鮮魚、肉屋.ここのスーパーでは日本の食材も買えるらしい.
本当は沢山写真撮りたかったんだけれど、フィルム切れにより...
(そのことで母親としばし口論になる.)


Mager Allami Operahaz
b0040345_1492668.jpg
b0040345_1493483.jpg
b0040345_1495216.jpg
アンドラーシ通りにある国立オペラ劇場.アンドラーシ伯の要望でイブル・ミクローシュの設計で1884年に完成.
正面右側にハンガリー国家を作曲したエルケル・フェレンツ、左側にはフェレンツ・リスト.2階のバルコニーにはモーツァルトやワーグナー等の大音楽家の彫像.
(ここ内部撮影禁止)


OPERA
b0040345_14101114.jpg
b0040345_1410239.jpg
ブダペストを走る地下鉄は全部で3本.黄色(M1)、赤色(M2)、青色(M3).この3路線はDeak ter(デアーク広場)でのみ連絡する.
ハンガリー人にとって、M1はヨーロッパで最も古い地下鉄として誇りを持っている.(実際にはロンドンの地下鉄が最も古いが、イギリスはヨーロッパ大陸には無いから・・・)M1は1896年にハンガリー建国1000年を記念して建設された.地上すれすれの深さの所を走っています.


Nyugati pu
b0040345_14104762.jpg
ブダペストにある3つの国鉄駅(西駅、東駅、南駅)のうちの1つ西駅.
明日、ここからBrno目指して出発します.ヨーロッパはどこの国でも、国鉄の駅は不思議な空気が漂ってます.
[PR]
by dimensions11 | 2004-08-16 14:11 | Hungary

0815-3.Budapest-1

センテンドレ→ブダペスト市内
b0040345_163037.jpg
この団地、実際は凄いことになってます!とにかく団地、団地、団地.というべきか、壁、壁、壁.
日本でも沢山の団地が公団によって大量生産されたけど、どこの国も同じなんでしょうね・・・


ブダペスト市内のショッピングセンター
b0040345_164252.jpg
かなりテーマパーク的なショッピングセンター.でも、こんな経済至上主義的な建物もここぐらいしか見なかったような・・・.ブタペストって意外とこんな街なのだろうか・・・


HOTEL MARRIOTT
b0040345_16555.jpg
ようやく今日宿泊するホテルに到着.夕食まで自由時間.ホテルからくさり橋までドナウ川沿いを散歩に.


b0040345_17739.jpg
彼は誰ですか?いつもドナウ川沿いの柵で誰かを待っています.
何か物悲しそうな表情は、夜は街灯に照らされて・・・
今回の旅行の中で、かなり印象深いSclupture.


Szechenyi Lanchid
b0040345_172020.jpg
b0040345_173064.jpg
正式名はセーチェ二公のくさり橋.設計はイギリス人クラーク・アダム。1849年、セーチェーニ・イシュトヴァーン公爵の非常な努力と熱意により完成。 この橋が造られる以前はペストとブダは渡し船で繋がれていました。くさり橋は、橋の上を歩いていても橋の美しさを感じる事が出来ます.だって、この橋の美しさはケーブル(くさり)ですから.
この橋のとなりには、エッフェル塔の設計で有名な技師エッフェル設計の橋が架かっています.これは正直あまり美しくない・・・.


王のケツ
b0040345_174126.jpg
橋のたもとにはそれぞれ2匹のライオンが見張りを仰せつかっている.
百獣の王のお尻.権威の象徴のライオンもお尻はかわいらしい!
ライオンといえば、ロンドン三越を思い出します・・・


ケーブルカー
b0040345_175882.jpg
ブダ地区にある丘の上の王宮に行くためのケーブルカー.王宮は現在は国立図書館と3つの博物館として利用されている.


トンネル
b0040345_12285271.jpg
ケーブルカーの駅の隣、くさり橋を渡った先に、このトンネルはあります.このトンネルの名前は「トンネル」.それだけ.
なんで名前が無いかって、それは名前を付ける必要が無いから.つまり、ブダペストにトンネルはここだけしかないから、区別するための名前なんていらないんですね.


b0040345_181243.jpg


お気に入りの一枚
b0040345_182217.jpg


自画像
b0040345_183427.jpg
実は、芝生をバックに自画像をよく写真に撮っている.こういった街中にちょろっと造られている芝生のポケットパークが結構好き、そこに写る自分の影がとても新鮮.


Hyatt Regency Budapest
b0040345_184546.jpg
ハイヤットホテル内部.植物だけならまだしも飛行機まで飛んでいます!
ここで宿泊してたわけではないけれど、なぜか家族の休憩場所としてここのホテルをよく利用しました.夜はカジノも開催されている、なかなか高級なホテルでございます.

b0040345_185324.jpg
ハイヤットホテルの宿泊客?
そう、この時期はブダペスト近郊でF1の大会が行われていたため、各ホテルとも関係者で一杯でした.

Villamos
b0040345_19835.jpg
ブダペストのトラムは黄色い車体.中欧の街は黄色が良くお似合い.

Orszaghaz
b0040345_19193.jpg
国会議事堂.ネオゴシック様式の建物で、1885~1902にかけてシュテインドル・イムレによって設計された.中欧のルネッサンス様式のドームの高さは聖イシュトヴァーン大聖堂と同じ96m.
2000年1月に、それまで国立博物館に保管されていた王冠が国会議事堂に移された.
この王冠は1000年の初代国王イシュトヴァーン戴冠から1948年に最後のカール4世が退位するまでに渡り受け継がれてきた.大戦後に国外へ持ち出され、以後数十年アメリカにあったものが1978年にカーター大統領によって返還された.

ヴィシュグラードの丘から
b0040345_192847.jpg



今夜の夕食はUDVARHAZ RESTAURANTで民謡ショーと共に・・・
b0040345_194175.jpg
ハンガリーといえばトカイワイン.ですが、これは普通のハンガリーワイン.凄い注ぎ方です.口に直接!というのもしてくれます.

ハンガリー民謡ショー
なかなか楽しいひと時を過ごせます.ツアーのいいところですね!
b0040345_1101161.jpg
b0040345_1102820.jpg
b0040345_1103713.jpg
b0040345_1111214.jpg
このヒゲのおじさん、ガイドブックにも載っている人物.ある意味有名人です!!とても面白い人でした.



ブダペストの夜景
b0040345_1112232.jpg
一番光輝いているのはくさり橋.


黄金の街
b0040345_1113479.jpg
とにかくこの旅行で感じることは、「ハンガリーとスロヴァキアの国境として機能し、ブダペストではかつてブダとペストのヒエラルキーを生み出していた、ドナウ川という1つの川を中心に様々な都市が展開されている神秘.」
[PR]
by dimensions11 | 2004-08-15 01:12 | Hungary

0815-2.Esztergom→Szntendre

Hungary
b0040345_14204100.gif


このあたり、あんまり覚えていないんですよね・・・
バスで目的地ばかりピンポイントに廻っていると、なにがなんだか、どこがどれだったか・・・
旅って、目的地までの道のりが凄く重要だと思うのです.
前後の脈絡無く見て廻るのって、ある意味ガイドブックを見ているのと変わらない.だからツアーは嫌いです.

PRIMAS PRINNE RESTAURANT
b0040345_1634198.jpg

b0040345_1655265.jpg
この日の昼食はグヤーシュスープ、そしてもちろんビール!!


エステルゴムの大聖堂
b0040345_166080.jpg
高さ71.5mの新古典主義様式(八柱式).ハンガリー・カトリックの総本山.ハンガリー10,000フォりント紙幣の裏に描かれている.
エステルゴムの天井はリブも、リブとリブとの間のあらゆる面も黄金と漆喰装飾で紋章、樹枝模様、幾何学的に見える模様で埋められ、全体としては淡いバステルカラーの天井.ドーム天井は、二段に装飾が施され、その下に12ある窓が大きく、さんさんと外光が射しこみ、堂内を明るくしています。二つ有る祭壇には「聖母被昇天」などの絵が飾られています.


センテンデレの街角で
b0040345_1661624.jpg
なんとかっていう有名な小説家の生まれた街だそうで、その人の記念碑みたいなもの?
興味の内容は忘れてしまう悪い癖・・・


b0040345_1664052.jpg



セルビア人教会
b0040345_1664868.jpg



ユダヤ人墓地
b0040345_1665576.jpg
ユダヤ人.ほんと、どこにでもいたんですね彼ら.ヒットラーが恐れをなしたのも分かるようなわからないような・・・.


b0040345_167386.jpg
赤い車が印象的!


細道
b0040345_1613266.jpg
この街にはこんな細い道がたくさんあります.夜、飲み明かして岐路につく街の人たちが壁に寄りかかりながら帰れるように.


b0040345_16134952.jpg
ちょっと変わった屋根.


b0040345_16135755.jpg
家の玄関でしょうか.メルヘンな感じです.それにしてもなんて重そうな扉.そして、低い!
[PR]
by dimensions11 | 2004-08-15 00:08 | Hungary