建築学生の建築旅行記.  一人でも多くの人に建築を身近に感じてもらえれば... 旅行の参考にもぜひ!


by dimensions11
『旅という行為』
それは現実逃避なのか
暇つぶしか
未知なるモノへの憧れか・・・
それとも人間の本能なのか


『旅する時』
全神経を解放して精神を環境と一体化しようとする
空間に身を置くという行為を大事にしたい


『旅先で私を待っているもの』
都市、建築、人・・・


『写真を撮るという行為』
それは、記念ではない
その瞬間、何を見たのかという記録である
カメラを向けた対象
そこには私に写真を撮らせようとアフォードする何かがあったのだ
写真を撮るという行為によって自分が見える

だけど
本当は視覚上位な環境認識ということはしたくない


建築を学んだが為に
建築に魅せられたが為に
純粋に『旅』できなくなったのかもしれない

しかし
建築を学んだが故に
建築に魅せられたが故に
語れることもある



旅の後
自分をどう昇華させるか

『建築をめざして』
[PR]
# by dimensions11 | 2004-08-07 06:07 | 旅をするということ